« 短大では、看護師並びに、・・・ | トップページ | とにかくキメ細かい美しい・・・ »

2016年6月 6日 (月)

株式について書かれた本を…

皆さん、ご存知でしたか?株式について書かれた本を何冊も読んで調べた上で、株のビギナーが投資をする場合、数日間で売買を終わらせる投資法を導入する人も大勢いるでしょう。スイングトレードはうまく取引できれば大きく儲けることができるので、とても評判の良い投資方法です。当然、いつでも儲かるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。

私はアベノミクスという言葉に誘われ、よく理解しないまま、株を始めたばかりの素人です。最初は全然得をせず、含み損で苦しんでいたのですが、現在は経済が上向きなのか、私のスキルがよくなったのか利益が出るようになれました。

株に投資をしたならば、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告しなくてはいけません。それでも、特定口座の利用をしたときには、こういった税務上の計算は金融機関が計算してくれますし、時には確定申告もいりません。そのため、株投資者初心者の方にとってとてもオススメです。


株の初心者が最初から難しい売買をすることは避けた方が身のためです。仮に、株では空売りして利益を得るやり方があります。空売りというのは、売りから始める信用取引のことです。空売りであれば株価が下落した時でも利益となります。ただ、リスクもあるので、空売りは株の売買が十分つかめてきてからするべきでしょう。

1点集中型の投資をしようという方には不必要かもしれませんが、株、債権、海外投資など、様々な投資を行う場合はポートフォリオに重きをおいて投資判断をするべきです。投資でもっとも大切なことは、リスクを分散した投資の型ですからバランスの良い投資がポートフォリオで行われているかどうか、まめに確認作業をすることが大事です。

株のデイトレードの際短期間で大もうけができる人は確かに存在します。デイトレードという方法は、手に入れた株を持越すことなく当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、予測できないほどに株価が下がることも少なく、リスク管理がしやすいでしょう。それでは、今日はこの辺で!

« 短大では、看護師並びに、・・・ | トップページ | とにかくキメ細かい美しい・・・ »